研修について

研修の目標と特徴

研修の目標

相澤病院 臨床研修基本理念

社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院ミッションのもと、救急医療で多くの症例を経験するなかで、プライマリ・ケアの基本的手技・診療能力を身につける。更に、各科専門医療、チーム医療を通じて良質な医療に接し、将来の医療の担い手となる基礎的能力を修得すると共に、医師としての豊かな人格をかん養する。

基本的目標

  1. 患者を全人的に理解し、患者・家族と良好な人間関係を確立することができる。
  2. 医療チームの構成員として医療行為を通じて他の医師、看護師、その他コメディカルスタッフとの協調、すなわち「チーム医療」を行うことができる。
  3. 患者ならびに医療従事者にとって安全な医療を遂行し、安全管理の方策を身につけ、危機管理に参加することができる。
  4. 救急外来・初期診療において適切な病歴聴取と身体診察法を行うことができる。
  5. シミュレーション研修により、確実かつ安全な手技を修得することができる。
  6. 病歴と身体所見から鑑別診断を考え、適切な検査計画を立てることができる。
  7. 基本的臨床検査を行い、適切な治療計画を立てることができ、必要に応じて専門医 に相談することができる。
  8. 指導医の指導の下、診療記録を適切に記録することができ、症例の呈示、討論が適切に行える。
  9. 臨床経験を医学論文とし、医学雑誌に投稿することができる。
  10. 医学英語を身につけ、英語による症例プレゼンテーションをすることができる。
  11. 保健・医療・福祉の各側面に配慮しつつ、診療計画を作成し、評価することができる。
  12. 患者を全人的に捉えて医学的のみならず、心理的、社会的問題を配慮し、患者、家族に適切な指導を行うことができる。
  13. 患者の問題を把握し、問題対応型の思考を行い、生涯にわたる自己学習の習慣を身につけることができる。
  14. 常に研修の自己評価を行うとともに、他からの評価を率直に聞く態度を身につける。
  15. 地域医療を経験するとともに、医療の持つ社会的側面の重要性を理解し、社会に貢献することができる。
  16. このプログラムでは、厚生労働省の臨床研修の到達目標を達成する

研修の特徴

  1. 救急患者の初期診療を重視している。
  2. 地域の中核病院であり、臨床症例が豊富である。
  3. チーム医療を通じて全人的医療を身につける研修を行う。
  4. カンファレンスの充実によって、研修のまとめ・目標を再確認しつつ効果を上げる。
  5. シミュレーション施設が充実している。
  6. 医学英語研修を重視することにより最新情報の習得ならびに将来の医学研究者・グローバルな感覚を持った医師を育成している。
  7. 個人面談やチューター制等、精神面を含めた個別的サポート体制が整っている。
  8. 研修医の自主性を重視している。
  9. 指導医有資格者の増員に努め、質の高い研修を目指している。
  10. 院外研修も充実している。